日本における深刻な医師不足という問題

日本における深刻な医師不足という問題について、皆様はどのようにお考えでしょうか。

現場で既に働いておられる医師のみなさんであれば、少なからず日本の医療業界において医師が決定的に不足している、もしくは不足してきている状況である、というのはご存知なのではないかと思います。


医師が不足のため、求人が沢山ある

実際に医師転職ドットコムなどの医師専用転職サイトを開いてみても、そのような情報を少なからず入手することができると思います。

実際に調べてみても、常に豊富な50代の医師求人・転職情報などがサイトに寄せられていることから、少し考えてみればそれだけ医師が不足しているために、求人が沢山あるということもすぐお分かりになられるのではないでしょうか。


それだけ選択肢も幅広く用意されている

しかし、このような医師不足問題は今日昨日に始まったものではありません。

以前より、たびたび医師が不足しているということについては、業界内のみならずテレビなどのニュースでも報道される機会がありました。

例えば、病床が足りず患者がたらい回しにされる、といった報道が過熱したこともありましたね。その影には、病床だけではなく、医師不足という問題も密接に絡んでいたのです。

しかし、このような状況はいざ転職を検討している医師のみなさまにとっては、決してネガティブな話になるとは限りません。

なぜなら、それだけ選択肢も幅広く用意されている、という見方もできるからです。