医師不足問題と言えば、外せないのがブラック病院の存在です。

現場で働いている医師にかかってくる

医師として働いている方のすべてが優良な病院で勤めていれば何の問題も起きないのかもしれませんが、近年ではいわゆるブラック病院と呼ばれる場所も増えており、そういった場所で働いていることから被害を負ってしまう医師の方も多いとされます。

このようなブラック病院では、大抵の場合経営状況に何らかの問題を抱えている場合が多い、その経営に関する負担が現場で働いている医師にかかってくる、ということも少なくありません。


勤務環境について考えてみる

過酷な労働環境として実際に強いられることが多いのは、まず労働時間、拘束時間が長時間に渡り続く休みやプライベートな時間を取れなくなるというパターンです。

当直なども含めると、どうしても長時間とを通して勤務が続く、ということが出てくるものですが、これがあまりにも続くとやはり医師も人間ですから、体が持ちませんよね。

また、こういったときに時間外手当を出さない病院もあるようです。

病院であったとしても労働基準法は遵守されるべき法律でありますから、もしご自身の勤務環境がおかしいと思えば、退職を検討する前にまず法的にみてどうなのか、ということも一度検討された方がいいのかもしれませんね。