医師不足問題と言えば、それは国民にとって大きな問題に繋がっています。

そのため、平成19年には厚生労働省が医師を確保するために、政策を発表しているのです。

今回は、厚生労働省が医師確保のためにどのような政策を発表していたのか、その一端をご紹介していきたいと思います。

厚生労働省が医師確保のために発表した政策

1.医師不足地域に対する医師派遣システムの構築
医師が不足している地域に対し、臨時的に医師の派遣を行う体制の整備、その措置

2.勤務環境の整備について
勤務環境が劣悪な医師が多いため地域医療を支える病院への支援の充実

3.女性医師に関する職場環境の整備
女性医師には出産や育児といった問題がつきもの、離職などを防止し、復職を促す為に研修の実施や女性医師バンクの体制等を充実させる

4.医師が不足している地域などで勤務する医師の養成推進
特定地域、診療科目で医師が不足している現状に対し、奨学金などを活用して適宜医師を養成できるように臨時的増加を行う。また、医師養成が少ない地域では養成数そのものを増やすこと。



施策をとってもまだまだな医師不足

これは一旦であり、全ての政策ではありませんが、過去には厚生労働省がこのような施策をとっており、今でも充分に活用されているものも中にはあります。

とはいえ、それでもまだ続く医師不足問題。 果たして、どこでピリオドが打たれるのでしょうか。