医師不足と言えば、外せないのが産婦人科や小児科における医師不足の話だと思います。

厳しい労働環境」でありがちな診療科目

実際に現場で働いている医師のみなさんには、すぐにピンと来るお話なのではないでしょうか。

というのも、今挙げました2つの診療科目は基本的に「厳しい労働環境」であることがとても多いのです。

まず、女性医師が数多く従事しているのですが、女性医師には出産や育児といった問題も出てきますので、ワークライフバランスをどうやって取るのか、そこで悩んでしまうという部分があります。

その上で、責任も重大でかつ、患者数がとても多いことから、労働時間自体がどうしても長くなりがちです。

忙しく、体力も消耗してしまうので、生活の方に手が回らず、結婚や出産、育児などを機に離職してしまわれる方が多いのです。


根本的な問題を見据えて、改善していくべき

最近では、そういったことを防ぐ為に育児しながらでも働きやすい環境を整えている診療機関、復職しやすいようにそういった制度に力を入れている診療機関なども多くなってきたと言われますが、それでも全体から見ればまだまだ難しい状況であることは間違いありません。

確かに厳しい労働環境になってしまうのは分かるのですが、やはりこういった問題は国政、そして経営する病院自体がしっかりと根本的な問題を見据えて、改善していくべきなのではないかと思います。